神保町放浪記〜前後左右気になる店だらけ

Happy Friday! 2023年初秋訪問地の記録

 こんにちは。ウリ坊は神保町にはあまり馴染みがありません。まあ、基本あちこちふらふら、ブラブラしいるので、馴染みのある所(深く知る街)はないのですが。

 とは言え、神保町付近に半年ほど通っていた事があり、その際、何時に通りかかっても人が並んでいるうどん屋がずっと気になっておりました。いつも時間がなく素通りを余儀なくされていたのですが、この度、用事の帰り道、その列に並んでみました!

 丸香(まるか) 千代田区神田小川町3-16-1

 店内は撮影禁止なので、お店の外観を斜めからとメニューを撮影。

  午後2時くらいに来ましたが、8人並んでおり、15分くらい入店まで待ちました。並んでいる間に下のメニューが配られるので、入店までに決めておく形式。

(ちなみに、週末土曜日に通りがかった際は、午後3時でも30人以上並んでいました。行列が長すぎてびっくり致しましたよ。)

  以前も当日も、行列ができていること以外知識がなかったため、並んでいる間にどのようなお店なのかを検索。讃岐うどんのお店らしい(おいおい・・・そこからかい)。前に並んでいる方々のチョイスを参考に、人気メニューを探りたかったのですが、全員違うものをオーダーしていたのは衝撃。何でも美味しいのか?? ちなみに、前の方々は肉うどん、釜玉、月見を注文されてました。

 カルピスバターのうどん って…。想像もつかないですが、ネット情報では美味しそうな感じもします。

 席に案内される前にオーダーなので、店内で召し上がってる方の様子もわからず、結局一番人気を探れず。てことで、冷かけにちくわ天のトッピングにしました。この日、暑かったんです。(揚げ物などはこのメニュー裏側にあり、撮影し忘れました。) 

 店内に入ると、割とすぐにうどんが運ばれてきました。皆様、静かにお食事をされております。うどんはモチモチでしっかりしていてとても美味!ちくわも大きく本当に美味しかった。衣あっさりでした。天婦羅食べると胸やけをするお年頃のウリ坊でも問題なくパクパク食べられましたよ。つゆはいりこがバッチリと効いたお味でした。前の席のお姉さまは汁も全て飲んでおられました。その気持ちわかります!スープ感覚でごくごく飲みたいお味でした(が、満腹だったのと健康診断の数値が悪かったので飲み干すのは自粛しました)。

 かなり腹持ちが良く、夕方まで幸福な満腹感を味わいました。
 強いて言えば、店内で気になったのは音楽でしょうか。ロックがかかっておりまして、うどん屋さんには珍しい感じでした😀
 
 丸香の道路挟んだ反対側、少し歩いた所にある珈琲直売所。こちらも通るたびにお客さんが出入りしており気になってました。豆の直売所とありますが、カレー、スイーツの看板もあり、何より、コーヒーテイスティング100円 というのが気になります。お客さん達も、次々とお店に入って豆を買うよりも、コーヒー片手に出ていく方が多いです。

 青梅珈琲 神田店 (千代田区内神田2-6-4)

 完全セルフサービスで、店内にあるお賽銭箱に代金を入れて、商品を取る、コーヒーを淹れるという方式です。(ですが、ウリ坊はシステムが理解できなくてうろたえていたら、店員さんが優しく「このお賽銭箱に代金入れて、このコーヒーマシーンのここ押してくださいね」とちゃんと教えてくださいました。ありがとう!セルフ方式なのにお手を煩わせてごめんなさい🙇)

 コーヒー、紅茶は100円ものもと200円のものがあり、ウリ坊は200円のスペシャルブレンドを頂きました。濃い!美味しい! 目が覚める苦みがあるため、職場が近かったら食後や午後に毎日買いに来るわ~。 次回はミルク入りを試したいですね。

 プリンも美味しそうだったのですが、うどんでかなり満腹だったため断念。それよりも「売り切れ」と書かれていたカレーが気になりすぎる。今度来ることがあればカレー食べてみたいです。
 青梅は「おうめ」ではなく「あおみ」と読むのだな、とカップを見て知りました😳
 
 神保町、この2店の他にもいつもお客さんのいる店、面白そうなお店(金継教室とか!)色々あるのですよ。近くまで来たらまた新たな場所を開拓をしよう!と再訪を心に誓いました。

お読み頂きありがとうございました。

ウリ坊


このブログの人気の投稿

放浪の始まり やはり東京の日本橋が起点かと思い行ってみました

アフタヌーンティー三店物語 その2~千葉 海浜幕張編

アフタヌーンティー三店物語 その1~千代田区丸の内編