秋田から男鹿半島周放浪記~なまはげに会って八郎潟も鵜ノ崎海岸も行ったけどババヘラアイスは食せず

 Happy Friday, 2023年初夏の旅行記録

ウリ坊家族一部メンバー、秋田に行ってきました。

 日本橋から東海道じゃないんかい、と思わないでもないですが、諸事情により東北です。記事は必ずしも時系列でもないのと、放浪記なので、あちこちふらふらさせて下さい😎

では新幹線で秋田へGO!

 東北新幹線、途中で単線になり、スイッチバック(というのかしら?)して反対方向に走るのですね。新鮮な体験でした。

 秋田駅で新幹線を降りたら早速なまはげがお出迎え。男鹿半島まで行かなくてもかなりのなまはげ押しを感じた秋田県。


 秋田駅から徒歩15分ほど歩いて民俗芸能伝承館<秋田市HP>(ねぶり流し館)に行ってみました。

竿燈<秋田市HP>の展示があり、圧巻でした。TV番組で芸人さんがここで竿燈を持ち上げていましたが、子供用でもウリ坊では持てる気がしません。

 実際に祭りを見たら圧巻なのでしょうね。



 併設している旧金子家住宅も興味深かったです。幕末に建てられた土蔵が素晴らしかったです。お時間ある方は是非。


 翌日、秋田市観光myタクシーというのがお得だったため、事前に予約しておき、秋田市内ホテルから男鹿半島にGo!

 男鹿半島入り口で、巨大なまはげがお出迎えしてくれました。本当に巨大。

 ここで、男鹿半島プレミアムパスポートを購入。1,100円でなまはげ館、なまはげ伝承館、水族館、展望台、なまはげ太鼓が楽しめます。 今回、水族館以外は行けましたので、お得でした。道の駅や各観光案内所で売っています。

 なまはげ伝承館にて実演を拝見。なかなかの迫力でした。室内は暗いですし、お子さんは結構怖いかもしれません。 大人でもずっと怖がっている方もおりました。大きな音も出すので、確かにびっくりしますが、とても良い経験でした。男鹿までいらしたらここは是非立ち寄って欲しいです。


 八郎潟の展望台にも行きました。ウリ坊は写真が下手なので伝わりませんが…とてもきれいな景色でした。干拓の苦労も知ることができました。今では珍しくなってしまった回転式の展望台もあって、現役で回転しておりました。360度景色が楽しめました。

 続いて秋田のウユニ塩湖ともいわれる鵜ノ崎海岸。あいにくの天気で、水面が鏡ということはありませんでしたが、とても静かでよい所でした。観光タクシーならではの機動力で存分に男鹿半島を楽しむことができました。

 夜は五風なまはげ太鼓を楽しみました。これを見るために秋田市内ではなく、男鹿温泉に宿泊。ネットでチケットを事前予約しました(座席指定ではないので、前の方で見るためには早めに会場入りする必要があります)。
 迫力満点で楽しいパフォーマンスでした。お子さんは少々怖いと思うかも?! 一方で、リピーターのお子様もいらしたようです。


 観光案内所で頂いたチラシにあって気になりすぎたもの。おばあさんがヘラで作るアイスだから ババヘラアイス って、そのネーミングにしびれます。食べたいというか、売り子さんにお会いしたかったのですが、残念ながら拝見できず。コンビニでババヘラアイスは売っていましたが、ウリ坊的にはそれは違うでしょ😭ということで、次回の楽しみとします。

                                    

 稲庭うどんもとても美味しかったです。
 現地では荷物が増えるので、帰宅してからオンラインで購入しました(記事の下にリンクあり)。とても美味しく、夏休み中の心強い昼食として大活躍しました。
 
 菊芋茶、初めて見たので、こちらは現地で買いました。茶殻も食べてよし、という事なので、飲み終わった後は肉野菜炒めなどに混ぜて食しました。
飲みやすくて良いです。オンラインでも買えるようなので、記事の下にリンクを貼りました。

 今度は寒い時期にきりたんぽ食べに行きたいですね。あ、でも冬だとババヘラアイスはイベント会場にでないのかしら?!行きたいところ、食べたいものは尽きませんね。

 お読み頂きありがとうございました。

ウリ坊


【ご紹介】
この2点は、ストックなくなったらまた買いたいです。

【ふるさと納税】稲庭古来堂《訳あり》非常に短い麺含む 稲庭うどん(800×6袋)計4.8kg 1回のみお届け【伝統製法認定】

価格:10,000円
(2023/8/29 23:30時点)
感想(87件)

ひろまる食品工房からだ整う菊芋ティーキクイモ茶80g

価格:691円
(2023/8/29 23:34時点)
感想(0件)


男鹿半島旅行、レンタカーも便利だと思います。

このブログの人気の投稿

アフタヌーンティー三店物語 その2~千葉 海浜幕張編

アフタヌーンティー三店物語 その3~千代田区お茶の水編

神保町放浪記〜前後左右気になる店だらけ